忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月12.13日に宝塚市中山台会館にて、写真展を開催しました。

10日前から、中山台・中山さつき台・中山桜台 約2500件にチラシのポスティングをし、
読売新聞のイベント告知欄に掲載、近隣ショップに張り紙をさせていただきました。

内容は、レクイエム写真、命を救ってくれてありがとう写真、啓発ポスター、図書、
ビデオの上映、譲渡相談会 ふれあい犬&猫(我が家の)です。

開催しての感想は、犬猫を飼っている人で、避妊手術をしている方が多かったこと。
保健所や愛護団体で、譲渡(里親制度)を行っていることを知っている方が多いこと、です。

しかし、自分の犬は、ペットショップで買っている人がほとんどでした。

一組の家族は、いろいろ審査されるくらいなら、お金をだして買ったほうが、しがらみがなくて
面倒くさくない!!とおっしゃていました。

他にも、1匹は愛護団体からもらったけど、そこはほとんどが中型犬以上の大きさの犬で、
自分の年齢を考えて、犬の介護のことを考えると、片手で抱えられる子じゃないと・・・
と思い、小型犬はペットショップで買ったとおっしゃていました。
その方は、あと1匹なら飼うことができるが、どこでもらったらいいですか?
とおっしゃていました。
自分にできるのは、あと1匹飼ってあげることしかできないから・・・と

愛護団体が、保護した犬猫を、必ずシアワセな家庭に送りだしたいが故に、審査を厳しく
する気持ちは非常にわかりますが、それによってその子のシアワセになるチャンスを
奪っているようにも思います。

形式ばった審査だけでなく、万が一の時はフォローするつもりで、里親にだす心意気を
もってほしいなぁと感じました。

実際、審査して送りだしたものの、さまざまな理由で返してきたり、一人暮らしでも、とても
大切に育てている方もいるのですから、人間が人間を審査することには、限界があるという
ことではないかと思います。

次回開催は、来春を予定していますが、今回チラシを見て
かわいそうで見にこなかったひとが多かったのではないかと思います。
しかし、チラシを見ていただけただけでも 啓発できたのではないかとも思います。

写真展に来場してもらうには、チラシは、何だろう?ちょっと見に行ってみようか!!
と気軽に思えるものにしようと思いました。

中山台 散歩グループ INU の皆様、宝塚のOさん 神戸の方 ご協力いただき、
ありがとうございました。
宝塚のKさまには、開催費用のご寄付をいただきました。ありがとうございました。

ご来場いただきました皆様とチラシをご覧いただいた方に、動物たちの現状に何かを感じ、
関心をもっていただけたなら、今回の写真展は成功したといえるのではないかと思います。

                                                   たなか







PR
神戸 ウォーカソン 
 
昨日、三宮~異人館~元町を(目測50人)行進してきました。

毛皮反対・動物実験反対・などのプラカードを手に、子ども・犬・大人が人の間を通って
チラシを配布しました。

子どもたちが、とても上手に配ってくれましたので、元町に着くころには、配布物が
足らなくなるほどでした。

犬たちが愛嬌を振りまいてチラシを渡しやすくしてくれたので、不幸な動物たちのため、
一役かってくれました。

神戸の方たちも、毎年の行進に、頑張ってねぇ!!と声をかけてくれたり、
好意的な方が多いように感じました。

継続は力なり!!ですね。

通常、動物愛護のイベントは、子どもや動物は受動的な立場だと思いますが、
『 情報発信側に立つ
』 このことが非常に価値があると感じました。

来年も我が家の犬と参加しまーす。

                                       たなか






3/23(日)SATC主催の’日用品の動物実験反対デモ’に参加してきました。

当日は雨が降るのではないかといわれていましたが、若干曇り気味だったものの
晴れて、さわやかなお天気でした。

南堀江公園から出発し、なにわ筋~御堂筋~灘波まで歩きました。
実行スタッフとボランティアを含め約110人が参加しました(警察発表)。

沿道を歩いていると、共感した女性が飛び入り参加してくれたり、実行委員が
メガホン片手にリーフレットを手渡している姿をみると、物いえぬ動物のために
こんなに一所懸命に活動しているんだなぁと感激しました。

遠巻きに見ているだけで、変な集団???関わりたくない!!という目で見ていそうな
人が多いのは事実ですが、その人の気持ちに少しでも残ってくれたのではないか
と思います。

夫は目立つことが嫌いな人で、普段大きな声で叫ぶことはありませんが、
動物実験反対!と大きな声で訴えていたのが、私には印象的でしたが・・・

多くの動物を犠牲にする必要はありません。
海外の多くの国でも化粧品のための動物実験は法律で禁止されており(EUでは2009年から)
500を超えるメーカーが動物実験を行わず安全性の高い商品を開発し販売しています。

最近では、環境に優しい’エコ’に重点をおいた商品の開発がすすんでいますよね
動物は’生き物’です。動物たちにも優しい’エコ’の気持ちがすすむよう
自分にできることから始める時代がきていると思います。

注意:hascでは、動物実験反対を掲げたマルチ商法の商品・特定企業の商品とは、
    全く関わりがありません。

                                           たなか




11月10日「いのち愛こどもフェスタ」にお手伝いにいきました
朝から天気もよく、絶好のイベント日和だったと思います


今回はパネルを貸し出ししてのクイズ大会でしたが
前回同様、子どもから大人までかなり好評でした
イベント自体も盛り上がり、しっかりと「いのちとは?
動物とは?」といった事を子ども達に学んでもらえたと思います


今回お手伝い頂いた皆様、ありがとうございました



反省点:大事なパネルを1つ持って行き忘れてしましました
     次回からは、持ち物チェックを忘れずに!


38531040jpeg








20日21日と新西宮ヨットハーバーの
mintドックカーニバル2007に参加しました

今回は、愛犬の避妊去勢を考えてもらうがテーマでしたが
はたしてどれだけ伝わったでしょうか?
リーフレットも新しく飼ってる方に読んでもらいたいものを作りました

同時にお借りした保健所での写真も展示したのですが
真剣に見てらっしゃる方が多かったように思います


ペットをとりまく環境は「可愛い可愛い」だけでは無いことを
知ってもらえたいい機会だったと思います


92c53b38jpeg








反省点:今回、ふれあいとしてメンバーワンコも同席したのですが
      子ども達がワンコを触っている時、他の人にリーフレットを
      渡すのに必死になるあまり、犬を触るときの方法など
      子ども達に伝える事が出来ませんでした

次回課題:ワンコ連れで、子ども達が触るときは、触り方などを
       伝えるようにする

こんにちは   SATAです

来る9月24日(月曜日・祝)
「しない・させない!動物虐待!!
 やめよう! 捨て犬・捨て猫!!」ウォーカソンに
メンバーが参加いたします

★ウォーカソンとは「ウォーク」と「マラソン」の合成語で
  所定のコースを参加者(犬)が思い思いの速度で
  プラカードや写真パネル、のぼり旗、風船、チラシを持って
  道行く人に「動物愛護・捨て犬猫の防止・不妊手術の施行」
  などを訴えながら歩くそうです


どなたでも参加できるそうなので
興味のある方は是非参加してみて下さい
(約7キロ・参加無料・小雨決行)


主催・動物実験を考える会

集合場所・神戸市役所1号館前(三宮)
   受付・10:30より

時間・11:00出発~~~15:00頃到着予定


979254cfjpeg

<わたしも参加しまぁ~~~す










今回のクイズは、大人の方にも参加して頂きました
字体や文面が子ども向けだったので
受け入れてもらえるか不安でしたが
大人の方にも真剣に見てもうことができました


(字体から見て)大人の方の感想です

・かわいいだけじゃ だめ!!

・お金も時間も余裕がないので、友達の犬と遊ぶくらいで我慢します

・子どもが簡単に飼いたいと言いますが、今日はちょっと考えることが
 できたと思います

・我が家の犬は、きょせいしてます

・一人一人が家族の一員として、自己満足ではなく 責任を持って
 飼ってあげられたらいいですね



おまけ!ですが、こんな感想も頂いちゃいました♪

・いい企画だと思いました

・このようなコーナーとりくみは、とてもよいことだと思いました

・おまつりでこんなことを 子ども達とゲーム感覚でできてよかったです




ぜひ来年も参加出来ればいいなと思います

今回、このクイズに参加してくれた子ども達が
将来大きくなって、自分でペットを飼う事になった時
「ペットを飼うには、愛情責任時間お金が必要なんだった!!」
と、思い出してくれたらいいなと思います
それが私たちHASCの大きな願いです

プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]