忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月12.13日に宝塚市中山台会館にて、写真展を開催しました。

10日前から、中山台・中山さつき台・中山桜台 約2500件にチラシのポスティングをし、
読売新聞のイベント告知欄に掲載、近隣ショップに張り紙をさせていただきました。

内容は、レクイエム写真、命を救ってくれてありがとう写真、啓発ポスター、図書、
ビデオの上映、譲渡相談会 ふれあい犬&猫(我が家の)です。

開催しての感想は、犬猫を飼っている人で、避妊手術をしている方が多かったこと。
保健所や愛護団体で、譲渡(里親制度)を行っていることを知っている方が多いこと、です。

しかし、自分の犬は、ペットショップで買っている人がほとんどでした。

一組の家族は、いろいろ審査されるくらいなら、お金をだして買ったほうが、しがらみがなくて
面倒くさくない!!とおっしゃていました。

他にも、1匹は愛護団体からもらったけど、そこはほとんどが中型犬以上の大きさの犬で、
自分の年齢を考えて、犬の介護のことを考えると、片手で抱えられる子じゃないと・・・
と思い、小型犬はペットショップで買ったとおっしゃていました。
その方は、あと1匹なら飼うことができるが、どこでもらったらいいですか?
とおっしゃていました。
自分にできるのは、あと1匹飼ってあげることしかできないから・・・と

愛護団体が、保護した犬猫を、必ずシアワセな家庭に送りだしたいが故に、審査を厳しく
する気持ちは非常にわかりますが、それによってその子のシアワセになるチャンスを
奪っているようにも思います。

形式ばった審査だけでなく、万が一の時はフォローするつもりで、里親にだす心意気を
もってほしいなぁと感じました。

実際、審査して送りだしたものの、さまざまな理由で返してきたり、一人暮らしでも、とても
大切に育てている方もいるのですから、人間が人間を審査することには、限界があるという
ことではないかと思います。

次回開催は、来春を予定していますが、今回チラシを見て
かわいそうで見にこなかったひとが多かったのではないかと思います。
しかし、チラシを見ていただけただけでも 啓発できたのではないかとも思います。

写真展に来場してもらうには、チラシは、何だろう?ちょっと見に行ってみようか!!
と気軽に思えるものにしようと思いました。

中山台 散歩グループ INU の皆様、宝塚のOさん 神戸の方 ご協力いただき、
ありがとうございました。
宝塚のKさまには、開催費用のご寄付をいただきました。ありがとうございました。

ご来場いただきました皆様とチラシをご覧いただいた方に、動物たちの現状に何かを感じ、
関心をもっていただけたなら、今回の写真展は成功したといえるのではないかと思います。

                                                   たなか







PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]