忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


5ヶ月預かっていた猫にゃんが、奈良の30代のご夫婦の元に、お嫁入り(里子)しました。

いや~長かった

検査もしっかりしていたので、健康に太鼓判がおせる状態で送り出せたので安心です。
共働きなので、子猫から飼うよりは、成猫からのほうがいいかなぁと思ってはいるものの
子猫からしか飼ったことがないので、なつくのかが心配だとおっしゃていました。

お世話係の私に、とてもなついていたので大丈夫!!

むしろ、我が家の一番幼いころに保護した猫のほうが、いまだにあまりなついていないくらい・・・
子どもだろうと大人からだろうと関係ない!性格だとつくづく思う。

処分される猫、野垂れ死にする猫、縁がなく、里親さんがみつからない猫がたくさんいる中で、
つかんだ幸せな生活を全うして生きてほしいと願う

                                              たなか
PR
猫の保護&里親探し、TNR活動をしているボラさんから預かっているキジとらにゃん

猫嫌い!犬も怖い!ということで、ボラさん宅では、ケージで保護されていたそう
少しでも保護状況を改善すべく、うちの倉庫(直射ではないが日光も入り、風の入れ替え
可能)で預かりだして、早4ヶ月。一度も里親希望は現れていない・・・

預かりだして数日で、右前脚をかばうように歩き、4足で立つときは、必ずその脚を浮かせる

ボラさんに相談したところ、検査には費用がかかるので、しばらく様子見で・・・ということで、
そのままにしていた
しかし、良くも悪くもなる気配がなく、ずっと気になったままにしておくのが嫌で、費用は私が
払えば文句もないだろうと思い、ボラさんには相談せず、病院にいった

レントゲンを撮ってみて、明らかに左前脚と違うということで、骨を一部採取し、採取した組織
を病理検査にだしてもらった。
骨肉種の疑いがあり、異変を感じてから、3ヶ月も経っているので、腫瘍なら転移の可能性も
あると・・・
さすがにボラさんに電話し、そのことと、最悪は断脚しなければならないことも伝えた

ボラさんは、維持していく費用はかけられないから、断脚までするなら安楽死させるという

今日、検査結果をききに一緒に行ってきた

結果は、放浪時代に骨折の形跡があり、いわゆる古傷が痛んでいるのではないかという見解で
腫瘍の疑いはほぼ晴れた。心からホッとした

私は、安楽死を100%反対しているわけではないが、治療や痛み止めをし、それでも痛みに
のた打ち回るような場合は必要だと思うが、治療費が払えないという理由では、安楽死なんて
させない
責任がもてないのなら、捕獲し、不妊手術だけして、放す(TNR)しかないと思っている
成猫ならなおさら、里親がみつからなかったら、自分で飼うつもりで保護するべきではないか

ボラさんの年末年始は、今後の治療費のことを考えると眠れない日々だった違いない・・・

私は、一生懸命にがんばっているボラさんに、里親希望者が現れた場合、明らかに歩き方が
おかしいのに検査もせずにだまっておくのか?里親先で、すぐに病気だとわかったら里親募集
サイトの信用にもかかわるでしょう?といったとき、
そこまで費用はかけられないし、何か病気が発見されたら募集ができない
といったのが、納得できなかった

今回のことで、私も勉強になった

腫瘍の疑いもはれ、里親募集も再開してもらえるだろう

A病院は、有名な腫瘍科のドクターに相談もしてくださり、値引きもしてくださり、院長先生には、
このこにとって最善の方法を一緒に考えさせてほしいんだけどいいかな?とゆっていただき、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです

ボラさんがこのにゃんにしてやれるのは、温かい家庭を絶対に見つけてやることだと思うので、
頑張ってもらいたい

                                         たなか
昨日は、わたしと犬が、時々行く散歩コースで通る、ある家庭の庭にいる猫の
避妊手術のため、捕獲と手術の搬送ボランティアにいってきました。

うちの犬は、その家の庭で見かける猫をみるのが好きで時々立ち寄っていました。
目があっても逃げるわけでもなく、庭にいるので、家猫かな?と思っていましたが、
気になったので、試しに、エサをあげるのならば、避妊手術をしてください!という
チラシをポスティングしてみました。

しかし、先月生まれていたんです・・・

全く知り合いでもないので、近所のボランティアの方に、その家主の知り合いの方を探し
てもらい、手術をしてほしいと話をしてもらいました。

幸い、家主も手術をしなければ!と思っていたようでトントン拍子に話が進み、昨日手術に
行ってきました。

面識のない人間から話をするよりも、こういう時こそ、ご近所力ですね

それと、今回私の反省点として、ただ手術をしてください。とポスティングするのではなく、
こちらの連絡先と、手伝いますということを付け加えておかなければ、捕獲機の存在すら
知らない人には、やろうにもできないということでした

今後はそういうことも気をつけたいと思う昨日の出来事でした

                                             たなか






先日から預かっている里親募集中の猫、ココア

数日前、一通のメールが届いた
迷子になっている自分の猫かもしれないので、保護状況など教えてほしいとのこと

早速、保護者が状況を知らせた
いなくなったのは、浪速区。保護されたのは、伊丹市
自分で歩いてきたのは、考えにくい・・・

1%の望みをもって、今日会いに来られた

その猫さん、本にも載ったことがある、酒屋のお店番猫だった
いなくなった状況が防犯カメラに映っていたらしく、警察に調べてもらった

5月のある日、いつもは閉めているお店のドアを、たまたまタバコを吸うお客さんが
ドアを開けていたら、出て行ってしまったらしい
出てしまい、しまった!!と驚いた猫さん、バックして戻ったら間違って隣のお店に入り、
更に違うことに驚いて、飛び出していったのが映っていたということ

その日から、夜中も毎日探しているが見つからず、藁をもすがる思いで、
里親募集サイトなどをチェックしていたら、ココアが似ているので問い合わせを
してこられた

しかし、違っていた・・・

顔はそっくりだが、完全に違う部分が一点あった

ココアにとっては残念であったが、その猫さん 本当に見つかってほしい

とても可愛がっていたのは、会ってみてわかったし、猫さんのブログでもわかった

首輪はつけていたようだが、迷子札はしていなかったよう
マイクロチップも

こういうとき、迷子札やマイクロチップって必要だと痛切に思う

しかし、こうなって見ないと実感がわかないものでもある

予測もつかない事態が起これば、後悔するのは自分
しゃべれない犬や猫にとって命綱でもある、識別できるものをつけておくことが
必要であるんだと改めて感じた

2007年度 行政に保護された犬が飼い主に返還された割合 
 全国平均18%  *ALIVE調査データより

                                     たなか
 
                                    


今日は、京都の岡崎公園で行われていたベジタリアンフェスティバルに行って
きました。天気もよく、行楽日和にもかかわらず、寝坊してしまったので、昼頃
到着しました。

とても人が沢山くるイベントだときいていましたが、本当に多く、着いた頃には、
とっくに賑わっていました。

出店は、ベジフードの店、マッサージの店、オーガニック衣類の店、ライブ、
動物関連では、JAHA、ALIVE、NO FUR大阪が出店していました。

夫と色々なものをたべました。

ベジラーメン、豆腐チーズケーキ、中華まん、生春巻き・・・

肉や魚を使わなくても、上手にコクをだした味付けで工夫されていました。

20~30代の客層で、若い世代に関心を寄せる人が多いんだなぁというのが
印象的でした。

会場では、リュースの食器があり、デポジットを払って借り、その器にいれてもらう
ようになっていました。しかし、自分で、タッパを持参してきているつわものも多く、
イベントのゴミ箱が山のように汚くなっている様子がなく、感心しました。

本当のエコって何なんだろう?と考えることもできました。

私もスーパーには、自分の袋を一応持っていきますが、スーパーの袋ってゴミ袋にし
やすくないですか?
電気はエコだと宣伝していますが、原発はエコだといえるのでしょうか?
どこからものを見るかで、見方は変わってきますよね

本当のエコって何なんだろう?

動物愛護団体の散歩ボランティアにいってた頃、糞尿のそうじには、ハイターを薄めた
液をかけていました。
しかし、乾ききっていないハイターを撒いた足元に犬がいます。
老犬が寝そべっています。
消毒の意味で撒いたハイターは犬に有害ではないのか?
良し悪しは別として、どこから見るかで見方は変わってきますよね

考えるには正しい情報が必要!!

啓発フリーマーケットをしている私自身も微力ながら発信している立場なのだから
動物たちの現状を考えてもらうためには、正しい情報を発信しなければならないと
改めて感じました。

まぁしかし、久々の夫とのデートは、楽しかったです。

                                            たなか





我が家の老犬 まるこが亡くなって早1ヶ月半・・・

ネットでシニアの小型犬を見ては里親になる自分を想像して楽しんでいる

まるこがなくなる前に仕事をやめていたので、日々、就活に励んでいる身では、
今から里親になりたい!!なんて、メールを送ったところで、玉砕されるのがオチ

そんなとき、猫の保護活動をがんばっている知り合いから電話があり、保護猫を
預かってほしいということ。

今の我が家に新しい風が吹き込まれるかのごとく、先週、2匹の猫がやってた。

キジ白のアルト君とキジのココアちゃん

どちらも’いつでも里親募集中’ に投稿しているので、興味のあるかたは、是非、
探してみてほしい。ちなみに、大阪府 1~2才で掲載されているはず

この2匹、特にアルトが甘えたで甘えたで、こんなに甘えたな猫、見たことがない
というか、我が家には、ここまで甘える仔がいない

里親募集には、仔猫が有利ではあるが、共働き家庭や、始めて猫を飼う人には、
人慣れしている成猫はとても飼いやすいので、こういう仔を選んでほしい

この仔にしてよかったと思ってもらえる可愛い性格は証明済みだから

うちに来て4日目で、一緒に昼寝を楽しめ、おしっこの失敗の心配も要らないなんて
ホント助かる

この仔たちが、新しい飼い主の元に旅立つ日まで、お世話できる日々が幸せです

                                        たなか
先週の日曜日、8月の譲渡会で里親希望をしてくださったご家庭に、にゃん♀を届けに
行ってきました。

少し怖がりな仔だったので、馴染んでいるか心配でしたが、今日電話で伺うと、
お届けの翌日から、甘えて、遊んで、よく食べて、里親さんになついているという
ことでした。

安心しました~。

避妊手術も里親さんが家になれてから、連れて行ってくださるので、その報告を
いただけるのを、楽しみにしたいと思います。

とても可愛がってくださるご夫婦だと確信しているので、にゃんは幸せです。

保護主と仲介者には、猫はねずみ算式にふえるので、他のにゃんを早期に手術をする
という約束で、8月の譲渡会に参加してもらうことにしていたのに、保護主も、仲介者も、
全く急ぐ気配もなく、結局、こちらが無理やり、支援するということで、手術にふみきった
案件です。

幸い、里親さんが、寄付金をくださったので、手術の支援金に充てさせていただきました。

里親さんには、本当に感謝です。

兄弟にゃんが幸せになる確率は、相当低いと思います・・・

幸せになったにゃんから、兄弟にゃんへ、これ以上不幸な命を増やさないでという願いを
こめたプレゼントです。

                                          たなか
HOMENext ≫
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]