忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんわ SATAの日記です

昨日、今年初めのフィラリアの薬を飲ませました
今年は錠剤なので、チーズにくるめてあげました


ところで


「フィラリアって、毎年やってるけど結局なんなの?」
と思われている方が多いと思いますので
私は獣医師でもなく、AHTでもないですが
自分なりの見解で「フィラリア」についてご説明したいと思います



1、まずフィラリア親玉(そうめんみたいな白い虫)が
  ワンコの心臓に住み着いてる場合
  その親玉がたくさんの子供フィラリア赤ちゃんを産みます




2、でもフィラリア赤ちゃんはそのワンコの中では
  大きくなれないので、蚊に運んでもらう為
  刺されやすいよう血管の中の皮膚に近いところに
  スタンバイしています




3、そして仲介屋の蚊がその血を吸いフィラリア赤ちゃん
  その蚊の中で何度か脱皮しフィラリア青年へと成長して
  次の宿り主となるワンコに刺してくれるのを待ちます




4、蚊が次の宿り主となる新たなワンコを刺した時
   フィラリア青年は新たなワンコの血液の中に入り
   フィラリア親玉になる為にと成長していきます



       ※※※



5、フィラリア青年どんどんと成長し、やがてフィラリア親玉となり
  心臓に住み着きます
  そしてまたどんどんフィラリア赤ちゃんを産みます



と、1~5を繰り返します



肝心の予防法ですが、「飲むタイプの薬」は
4と5の間の※※※のタイミングで飲み
体内に入ってしまったフィラリア青年をやっつける形になります

(絶対に蚊に刺されない!という事は不可能なので
 蚊取り線香などではフィラリア予防にはなりません)


それと同時に、もしワンコの心臓にフィラリア親玉
住み着いている場合、産んだフィラリア赤ちゃんもやっつけ
フィラリア親玉を弱らせる効果もあります




よく「蚊に刺されない為の薬」とか
「心臓の虫をやっつける薬」と間違えられますが

本当は「一ヶ月間溜め込んだフィラリア青年をやっつける薬」
という事になります



なので、フィラリア予防のお薬は
「蚊が出始めて一ヵ月後から、
     蚊が出終わって一ヶ月後まで」
飲む事になり、特に最後の一ヶ月
「飲ませ終わるタイミング」が重要になるのです




という事で、温暖化が進んで
蚊の時期も延びていますので
飲ませ忘れ、飲ませ終わりのタイミングには
お気をつけ下さいね!




PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]