忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

猫の保護&里親探し、TNR活動をしているボラさんから預かっているキジとらにゃん

猫嫌い!犬も怖い!ということで、ボラさん宅では、ケージで保護されていたそう
少しでも保護状況を改善すべく、うちの倉庫(直射ではないが日光も入り、風の入れ替え
可能)で預かりだして、早4ヶ月。一度も里親希望は現れていない・・・

預かりだして数日で、右前脚をかばうように歩き、4足で立つときは、必ずその脚を浮かせる

ボラさんに相談したところ、検査には費用がかかるので、しばらく様子見で・・・ということで、
そのままにしていた
しかし、良くも悪くもなる気配がなく、ずっと気になったままにしておくのが嫌で、費用は私が
払えば文句もないだろうと思い、ボラさんには相談せず、病院にいった

レントゲンを撮ってみて、明らかに左前脚と違うということで、骨を一部採取し、採取した組織
を病理検査にだしてもらった。
骨肉種の疑いがあり、異変を感じてから、3ヶ月も経っているので、腫瘍なら転移の可能性も
あると・・・
さすがにボラさんに電話し、そのことと、最悪は断脚しなければならないことも伝えた

ボラさんは、維持していく費用はかけられないから、断脚までするなら安楽死させるという

今日、検査結果をききに一緒に行ってきた

結果は、放浪時代に骨折の形跡があり、いわゆる古傷が痛んでいるのではないかという見解で
腫瘍の疑いはほぼ晴れた。心からホッとした

私は、安楽死を100%反対しているわけではないが、治療や痛み止めをし、それでも痛みに
のた打ち回るような場合は必要だと思うが、治療費が払えないという理由では、安楽死なんて
させない
責任がもてないのなら、捕獲し、不妊手術だけして、放す(TNR)しかないと思っている
成猫ならなおさら、里親がみつからなかったら、自分で飼うつもりで保護するべきではないか

ボラさんの年末年始は、今後の治療費のことを考えると眠れない日々だった違いない・・・

私は、一生懸命にがんばっているボラさんに、里親希望者が現れた場合、明らかに歩き方が
おかしいのに検査もせずにだまっておくのか?里親先で、すぐに病気だとわかったら里親募集
サイトの信用にもかかわるでしょう?といったとき、
そこまで費用はかけられないし、何か病気が発見されたら募集ができない
といったのが、納得できなかった

今回のことで、私も勉強になった

腫瘍の疑いもはれ、里親募集も再開してもらえるだろう

A病院は、有名な腫瘍科のドクターに相談もしてくださり、値引きもしてくださり、院長先生には、
このこにとって最善の方法を一緒に考えさせてほしいんだけどいいかな?とゆっていただき、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです

ボラさんがこのにゃんにしてやれるのは、温かい家庭を絶対に見つけてやることだと思うので、
頑張ってもらいたい

                                         たなか
PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]