忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/30(日)に吹田のペットショップで行われた里親譲渡会のお手伝いに
行ってきました。

ペットショップ内のインドアドッグランをお借りしての譲渡会です。
私たちは始めてなので、楽しみに出かけていきました。

吹田のNPO動物愛護団体が犬を、個人でレスキュー活動をしている人が、保護
している猫を連れてきていました。

普段はインターネットの里親募集サイトで、里親募集をしていますが、1匹でも
幸せになってもらいたいという願いで、譲渡会に参加しているようです。

きれいな毛色の仔猫が人気で、同じ仔ばかりに声がかかっているのには、複雑
な気持ちになりましたが、4歳のねこに里親さんが見つかったときは、みんなで
よかったねぇ・・・と喜びを分かち合いました。

保健所での猫の処分は、年間18万匹にもおよび、猫をもらってくれる人は、猫の数
に対して供給過多であることにかわりはなく、幸せになる猫は一握り・・・

里親詐欺(虐待や動物実験に売り飛ばす)に引っかからないために、慎重に
里親を探しているボランティアさんの姿をみると、ペットショップやオークションで
犬や猫を売る行為には、危険が多いということを、今後もっとメディアに取り上げて
ほしいとテレビ番組や雑誌社に意見を送っていかなければならないと感じました。

もう一つ、子どもが猫の触り方を知らないということも気になることの一つでした。

自分本位の接し方で、動物が疲れていることへの配慮・優しさが感じられず、保護
者も注意しないし、教えない・・・大人も知らないのだと思います。

私たちはフリーマーケットの際、大抵夫がうちの犬を連れていきます。
うちの犬は、人好きで、’お手’が得意なので、犬に触ったことのない子どもに触れ合う
ことを体験してもらったり、なつっこい犬が捨てられている現実を伝えるために、一役
かってくれています。

夫いわく、
「捨てられるような犬にはそれなりの理由がある」と思う人が多いはず。
こんななつっこい犬が沢山捨てられているのは、人間の身勝手で、動物には罪が
ない。ペットショップで買う前に、里親になるという選択を知ってもらいたい
という意味で連れていき、触れ合いをしているんだ!といっています。

今月末には、神戸ウォーカソン、10月・11月には、宝塚と茨木で、フリーマーケット
に参加予定です。夫と相棒犬には、またもや一役かってもらわねばならない時期に
なってきました。

                                        たなか

PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]