忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

せっかく書いた記事があとちょっとの所で
消えてしまい、ブルーなSATAです


なぜ「猫の避妊・去勢がそんなに必要なのか?」
についてですが、それは猫の繁殖機能が
大きく関わっています

1、妊娠期間が2ヶ月(60日)である事

2、1回の妊出産で約4匹産む事

3、生後半年で妊娠可能である事

4、年に2回、多くて3回の発情期がある事


そしてなにより、犬や人間と大きく違う点
「交尾で排卵する動物である事」です


詳しく説明しますと
オスのペニスにはトゲ状の弁が付いていて
交尾の最後に、そのトゲ状の弁をメスの膣に突き刺します
その痛みでメスは排卵する仕組みになっているので
ほぼ100パーセントの確率で妊娠する事が可能なのです
 
ちなみに、1回の交尾で終わる場合もありますが
その後も他のオスと交尾をする事もありますので
産まれた仔猫の毛色が違う(父違い)事もあります


以上の理由で、猫には避妊・去勢が必要不可欠なのです



「家から出さないから大丈夫」とか聞きますが
発情期の猫は、あの手この手で出て行こうとします
網戸をぶち破って脱走するかもしれないし、はたまた近所のオス猫が
メスの匂いにひかれて家に入り込んで来るかもしれません
その時には、「すでに遅し・・・」状態なのです
なんてったって、交尾排卵の動物なのですから・・・


これだけの繁殖能力ゆえに
次々と産まれては、保健所で殺処分されてしまうのです


皆さん!
お友達で、お知り合いで、猫を飼っている方がいて
まだ避妊・去勢手術をしていない方がいたら
この事をお伝えしてみて下さい
きっと「絶対子ども産む訳じゃないんだし」と
思っている方もたくさんいらっしゃるはずです

そして獣医さんと相談して、家族で話し合って
本当に自分達も、そしてそのペット達も
気持ちよく共存できる環境になってもららいたいですね

PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]