忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月中ごろに、日本動物福祉協会の知り合いの方から、川西のある公園の猫の手術の
手伝いをしてほしいと 依頼がありました。

始め依頼者(Sさん)に、現状把握のため電話をすると、
猫の数、オスメスの把握、は自分ではわからない。エサやりの時間は、23時以降と4時半ごろ
とばらばらだときき、私は激怒しました。
エサをやっていると、近所の男性に怒鳴られたから、手術をしたいということで、しかも
おなかの大きいメス(らしい)3匹だけの依頼でした。

Sさんには、妊娠猫のみを捕獲するなんて、不可能だし、メスだったら、妊娠している可能性が
あるので、リリースせずに、必ず手術すると約束しなければ手伝いません。
オスメスの把握もできていないのに、オスはリリースしてほしいという気持ちにも答えられません。
手術費用を払わないと請負いません。
という約束をいい渡し、一応受け入れたので、今で、9匹手術しました。
2回目の捕獲で、仔猫が10匹以上でてきたときには、腹立たしさと悲惨さではらわたが煮えくり
かえりました。

Sさんは、以前にも、他の方に捕獲・手術の依頼をしていて、その方に、他にエサをやっているところ
があれば、おなかが大きくなる前に電話してきてね といわれていたのです。

2ヶ月前に電話してきていれば、不幸な仔猫を増やさず、自分も出費が少なくてすんだのに・・・

結局は、怒鳴られて、自分がエサをやりにくいから、電話をしてきた 程度の考えの持ち主でしょう

こういうエサやりが、不幸な猫を増やし、増えすぎにより、猫が嫌いでなかった人をも嫌いにさせ、
今いる猫たちも生きにくくさせていることを証明するような案件でした。



                                                  たなか





                                                            
PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]