忍者ブログ
兵庫県阪神地区を中心に「行き場のない仔を減らすため」の啓発活動を行っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3月23日(日)13:00集合  南堀江公園14:00出発(地下鉄千日前線桜川駅5番出口徒歩5分)

今週末、いよいよ SATC OSAKA 主催  日用品に動物実験はいらない!デモ行進があります。

動物実験=安全性試験  だと私たちはなんとなく思っていませんか?

人間に安全であるためには、動物の犠牲は仕方がない・・・と思って見て見ないふり、もしくは、かわいそうだから知ろうとしないのではないでしょうか

では、安全性試験って何なんでしょう??

私は、以前ウサギを飼っていました。
路上でウサギを使って、飲み代を稼いでいた人間→
→かわいいってことだけで、飼えもしないのにもらった人間→
→ただなんとなく貰い手をさがす父→
→ウサギが飼いたいなぁっていっていた娘という流れで飼うことになりました。

ウサギはのどをならすことはあっても、鳴くことはなく、繁殖力が強く、そして涙を流しません。

その涙を流さない特徴を利用し、ドレーズテストという動物実験に利用されます。
ドレーズテストとは、目に薬品をたらし、どれくらいの希釈で目がつぶれていくのかをみていく実験です。
目に異物が入ると涙で洗い流そうとする動物なら、この実験のデータはとりにくいものになるのでしょうが、
涙を流さないと、薬品が目にとどまり、データがとりやすい。
そんな実験です。

そんな実験のどこが‘安全性試験‘なのでしょう。

実験をしなければ、日用品・化粧品は作れないのでしょうか?
作っている企業があるのですからできるのです。

企業にとって 『 陰 』 の部分は世間に知らせることはありません。
このデモに沢山の方が参加し、御堂筋を歩くことで、関心のない人の心に、共に考えてもらえる
きっかけを作れるのではないでしょうか

時間を作って是非、参加しましょうよ!!私も夫と参加しますよ

注意:HASCは、動物実験反対を掲げ、商品を売るマルチ商法とは、一切関わりはございません。
                                                   たなか
PR
プロフィール
HN:
SATA
性別:
女性
自己紹介:
*活動趣旨*

日本では年間36万匹の
動物が行政処分されている
にもかかわらず次々と
仔犬仔猫が生産されて
います

このおかしな現状を
多くの方に知っていただき
命にやさしい社会になるよう
一緒に考えていきませんか



*活動内容*

・終生飼育の呼びかけ
・動物遺棄防止の啓発活動  
・避妊・去勢手術の推進



※当クラブでは
犬・猫の引き取り・預かり
などは行っておりませんので
ご了承下さい
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
最新TB
RSS
フリーエリア
フリーエリア

Copyright © [ HANSHINアニマルサポートクラブ blog ] All rights reserved.
Special Template : シンプルなブログテンプレートなら - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]